ノプテル社製品 応用について

測定機械への応用

ノプテルの技術は様々なアプリケーションで成功理に使われています。
いくつかの製品は完全なシステムまたは単体としてエンドユーザーに届けられます。
いくつかのユニットは、世界的に信頼性の高いパートナーへ、そして製品とシステム開発に特別なテクノロジーを必要とする多くの工業会社による特別なOEM用として届けられます。

ノプテル交通管制用距離センサー

テクノロジー

  • 写真 ノプテル交通管制用距離センサーイメージ

パルス光線のタイムオブフライト(TOF)技術は、反射しにくい表面からの距離測定に優れた解像度で高速な測定を可能にしました。
強力なプロセッサーのおかげでアプリケーションに従ってパラメーターをプログラミングして、多くの異なる測定任務を簡単にすることができます。

センサーは、様々な温度と環境条件下において信頼できる作動を確実にするため、防滴化され窒素ガスが充てんされています。
センサーは固定と移動のどちらにも使える省電力タイプです。高度な統合技術がセンサーの小型化と信頼性を高めました。

応用の典型

  • • LPRカメラ撮影
  • • 速度測定
  • • 速度違反制御
  • • 車両分類
  • • 交通情報システム
  • • 車両列検出と警告
  • • 車両プロファイル測定
  • • 携帯型速度カメラ
  • • 交通信号制御
  • • 交差点制御
  • • 左折感知
  • • 信号無視制御
  • • 犯罪車両の妨害
  • • 車両検出
  • • トンネル流入制限

センサー設置

  • • 車両の進入と退出
  • • 垂直または水平の測定
  • • ガントリー、ポールや道路レベル
  • • 道路の真上又は側方
  • • 複数車線または1車線測定
  • • 固定、三脚利用または手持
  • 写真 センサー装置1 写真 センサー装置2 写真 センサー装置3

最新のレーザー技術が多様性を持ちレール品質を改善する

ノプテルのレーザーアライメント測定装置は、測定車両とレール敷設のタンピングマシン用に開発されました。
同じシステムは、軽量の測定ワゴンによる手作業のレール点検にも使われています。

システムは、高い精度で2次元のレール位置を測定できるノプテルのレーザー光線ヒットポイント検出テクニックを使い、車両の軌道補強メカニズムが迅速かつ正確に参照位置へレールを調節するのを補助します。

  • 写真 レーザー技術を使用したレール品質管理

重要な開発任務の一つは、厳しい取り扱い、振動と衝撃や暑い日光、風、雨、雪と霧などの様々な環境への耐久性を装置に持たせることでした。

このシステムで測定スピードは、タンピングマシンの作業走行と測定走行の両方に最適なスピード / 安定率に適合するように設計され、それぞれの走行のために長い測定距離と最も良い測定精度が与えられています。

写真 レーザー技術機器

測定コーチ車に装置を設置して使用するとき、カーブのプロフィールデータを作成するために非常に高速度な測定(毎秒500回以上)を行います。
高い測定速度は、タンピングマシンが利用する安定した位置示数のために多数のサンプルをフィルターする優れた可能性を持っています。

大規模構造物の動きの光学測定

ノプテルの位置測定技術の可能性があるアプリケーションは、橋、タワー、ビルディングとマストなどの大規模構造物、その他の可動対象物の動きの測定です。

ノプテルシステムは、光学式位置測定を基礎としています。送信機は送信機から目標まで参照ラインを作ります。受信器は連続的に光線の位置変化をモニターします。
構造物が動くとき、目標も動き、そして受信器の光学式探知器が動きを検出します。XとY座標の動きは、計算され処理されて、データがPCに供給されます。

このセンサーは主に屋外で使用されます。この技術は、屋外での応用に際し背景放射の干渉を除去するために設計されました。
測定に影響を与える恐れのある主な環境要因は、強い気流と空気中の温度勾配です。可能なときならいつでも、屋外測定は最も良い結果を得るために穏やかな条件下で行うことが最良です。

ここで記述された測定原理とテクニックは、大規模な対象物の動きの計測に有効であることが分かります。
アプリケーションで得られた結果は、変化する負荷を受ける大規模建築物の設計基準を評価するためにシステムが貴重なインフォメーションを提供することを示します。

写真 大規模建築物

ダイナミックパイルテスト

パイルは個人及び公共の分野でも構造物を支えるために使われます。
現在の高層住宅の時代では、柱は非常に大きな負荷を受け、それを適切な地層に移すため岩盤へ届く太い直径のパイルを必要とします。
基礎システムとしてのパイル設置が増加する中で、パイルへの負荷量の妥当性と作業従事者の技量を確実にする速くて信頼性が高い、そして経済的な方法が不可欠です。

パイルをダイナミックに積み上げる初期からの方式が、最終パイルを決定するために使われています。
これらは弾力性がある物体のダイナミックな影響を律している法律に基づいています。
これらの方式は、強打を受けるパイル先端の瞬間的な動きを計測できる非常に敏感な測定設備の利用を必要とします。

ノプテルは、このような瞬間的な動きを高精度に測定するための赤外線を使った測定装置を生産しています。
この方法は、5mから20mの離れた位置から衝撃が加わっている間のパイルの動きを非接触計測できる光学式装置を使います。
パイルにはこの動きを照合するための小さな反射材を取り付けます。システムは衝撃を受けている間に変位と動的カーブを計測して、そして決定に必要な値を計算します。

システムは2つの異なる方式で利用できます。
• 毎秒100回の測定速度で変位を測定するユニット
• 毎秒1000回の測定速度で変位を測定するユニット

  • 写真 ダイナミックパイルテスト1 写真 ダイナミックパイルテスト2 写真 ダイナミックパイルテスト3

ご不明点や製品の選択にお迷いになるようでしたら、当社にお気軽にご相談ください。
お客様の用途・ご要望に適した製品のご紹介をさせていただきます。

ページトップへ