3つのトレーニング(実弾不要)

基本トレーニング

基本トレーニング

屋内トレーニングシステムは、教場でほとんどすべての種目の訓練を可能にします。 射手は実際の射撃と同じ難しさを感じます。 射手は、コンピューター画面上に銃の移動軌跡、命中点と評価を見ることができます。 これが射手の基本的な射撃テクニックの理解と実弾射撃へ準備を助けます。 指導者は、PC画面からすべての射手の射撃を見ることができ、個別のトレーニングのための支援ツールとして使用することができます。

• 教場または集中できる環境
• 模擬または通常の射撃方法
• 1教場に6から12名
• 各射手に1つの光学装置とリコイルシステム
• 全射手が見られるモニターと指導者用PC
• 迅速なフィードバックを得るための射手用PC、LAN接続した指導者用PC
• 縮小した標的(電源も配線も不要)
• 基本訓練後、射手は射撃の基本技術に習熟し、実弾射撃への移行準備と高度な訓練への準備ができています。

高度なトレーニング

高度なトレーニング

屋外射撃場において、射手は実距離にて射撃訓練を行うことができます。 PCは命中点と射撃評価を表示します。 このように安全な環境で射手は訓練を継続し、そして管理され限定された環境で多くの反復練習を行うことができます。 射撃場において、射手は種々の距離における目標へ射撃することを学び、実弾演習の前にうまく命中させることができるようになります。

• 射手は300メートルまでの標準的な軍の射撃距離で通常の屋外条件下で訓練します
• ノプテルトレーニングシステムと圧縮ガスリコイルシステムまたは空包の使用は、射撃場における技能向上の近道です。
• 高度な訓練は、早い射撃、複数標的への射撃、時間限定射撃と夜間射撃を安全に訓練する可能性を与えます。
• 立位標的、移動標的、ポップアップ標的、移動標的、LED標的
• 射撃場に6から12人、各自に1台の光学装置とリコイルシステム
• フィードバックを得るための射手用PCまたはモニター
• 実距離用(20から300m)の標的
• 高度な訓練の後に射手はさまざまな距離で発射することをマスターします。そして集中できない環境でさえ、速く、確実に目標を撃つでしょう。

野戦トレーニング

野戦トレーニング

野戦演習場における射撃訓練は、射手に有利となる様々な要素と協調して目標を攻撃するプロセスを理解し、射手が安全に実弾射撃訓練の準備ができるまでその練習を支援します。

• 様々なシナリオを用いた実際の軍隊式射撃
• ポップアップや移動標的を用いた野戦演習
• 単独またはペアによる実施、他は観察
• 射撃距離は10から75m
• 各自に1台の光学装置とリコイルシステム
• 伏位標的、ポップアップ標的、移動標的、LED標的と制御システム
• 野戦訓練後、射手は敵対的な状況下で行動し、目標発見をマスターし、そして初弾で目標に命中させ、自分自身を効率的に守ることができます。

ご不明点や製品の選択にお迷いになるようでしたら、当社にお気軽にご相談ください。
お客様の用途・ご要望に適した製品のご紹介をさせていただきます。

ページトップへ